シアーミュージックの体験談

冒頭でもお話ししましたが、私はシアーミュージックで2年ほど、ピアノと歌を習っていたことがあります。その時の体験から、シアーミュージックについて書いてみたいと思います。

 

>>シアーミュージック公式サイトを見てみる

 

発表会の回数が多い

 

シアーミュージックは発表会の数がとても多いです。これがシアーミュージックの一番のウリかもしれません。5つありますので、順に解説していきますね。

 

  • エリアライブ
  •  

    エリアライブは全国で8ヶ所の会場で年2回、ライブハウスを貸し切って行われます。全国で42校展開しているシアーだからこそのイベントです。

     

    ライブの開催が決まると、このようなポスターが教室内に貼り出されます。

     

     

    エリアライブは午前中に集まってリハーサルをしてから、1日かけて行われる本格的なイベントです。一般の人でも入場が可能です(と言っても、生徒以外で見に来るのは友達とか親くらいなものですが・・・)。

     

    発表会と言うと、学生の頃に体育館のステージで歌うようなイメージを思い浮かべるかもしれませんが、エリアライブでは実際に使われているライブハウスなので、緊張感が違います。

     

    YouTubeにライブ映像があったので、ぜひご覧ください。おそらく、生徒さんの友達が撮影したものではないかと思います。

     

     

    定員が約40人くらいで、1回あたり7,000円くらいの費用がかかったと思いますが、人気のあるイベントで、告知されるとすぐに埋まってしまうので、早めの予約が必要です。

     

    でも、こうしてステージに立って歌うのって、ハマるとクセになります。毎回、出演しないと気が済まなくなりますよ!

     

  • カフェライブ
  •  

    カフェライブは、原宿と大阪で月に1回〜2回ほど行われる小規模のイベントです。

     

    原宿では、スタジオパレットというところで行われます。発表会というほどのものではないのですが、色々な校舎の生徒さんが集まりますので、発表会に近い緊張感が味わえます。

     

    このイベントがすごいのは、毎月開催される上、費用がタダであることです。

     

    会場が小さい上、参加できる人数が少ないので、告知されたらすぐに申し込まないといけないのがネックですが、こうしたイベントを毎月、開催する学校はなかなかないと思いますよ。

     

  • フレンドリーライブ
  •  

    こちらは校内で行われるミニイベントです。「フレンドリー」という名のとおり、友達を作るのに向いているイベントです。1人で通うのが寂しい方にはうってつけですよ。

     

    だいたい10人前後の生徒さんが参加するのですが、堅苦しさがなく、まったりとしたイベントです。開催は不定期で、年に2回くらいと考えておけばいいですが、要望が多ければ増やしてくれると思います。

     

    YouTube・シアーミュージック公式アカウントに生徒さんと先生のセッション動画があるのですが、おそらくこれは、フレンドリーライブの後に撮影したのではないかと思います。動画では生徒さんの年齢層が高いようですが、実際は20代、30代の人も多く、幅広い年齢層が在籍しています。

     

     

  • クリスマスコンサート
  •  

    クリスマスコンサートは楽器を習っている人向けのイベントですので、残念ながら歌だけを習っている生徒さんは出場できません。開催は年に1回のみです。「クリスマス」コンサートですからね。

     

    もちろん、歌だけでなく楽器も習うようになりますと出演できます。また、エリアライブと同じで見学はできますので、見るだけでもいいから見たいというのも可能です。

     

    毎年、会場が変わるようなのですが、私が参加した時は渋谷のラトリエという会場でした。グランドピアノのある立派な会場でした。

     

  • シアーミュージックフェス
  •  

    私が在籍していた頃はまだやっていなかったので詳しくは知らないのですが、シアーミュージックフェスというイベントが年に1回、あるようです。

     

    こちらは在校生なら誰でも参加できるコーラスイベントのようですね。

     

     

    こういうの、参加してみたいと思いませんか?

講師が若い・複数いる

 

すでにお話ししましたが、講師は若い方がレッスンが楽しいです。だいたい年齢層は20代後半〜30代前半の人が多いです。公式動画で札幌校の先生方によるセッションの映像がありますが、おそらくどこの校舎でもこのくらいになると思います。

 

 

あなたがどんな年齢でも、先生だけは若い方がいいです!これは実体験からお話ししています。年配の先生で半年しか続かなかった学校があったものですから・・・(--;)

 

予約はネットから取る

 

シアーミュージックでは、予約はネットからでしか取ることができません。

 

入学すると、こういうマイページができます。

 

 

この画面から予約を取ります。

 

 

過去の受講履歴はこちらから見られます。予約のキャンセルもこちらから出来ます。

 

 

レッスンの予約をネットからする学校というのは、意外と少ないです。これは、色々な学校を経験しないと分かりません。

 

ネットからできるとどんなメリットがあるのかと言いますと、予約がラクというだけでなく、キャンセルや変更する時もストレスがないという点があります。

 

また、先生を変えるのが簡単です。

 

レッスンを終えた時に次回のレッスンの予約を取る形式の学校が多いのですが(経験から)、その方式だと、他の先生に変えたいという時に言い出しづらいというのがあります。

 

先生から「次回のレッスンはどうしますか」と聞かれ、「他の先生にします」というのが切り出しにくいというのは想像できますよね。

 

先生は定期的に変えるのが上達にとって良いと思うのですが、ネットで予約を取る方式ですと、そうしたことが簡単にできてしまうのです。こうしたメリットはなかなか、ホームページを見ていても分かりません。

 

楽器や話し方も同時に習える

 

 

シアーミュージックはボイトレだけの学校ではありません。

 

ピアノやギターと言ったメジャーな楽器の他、バイオリン、ウクレレ、サックス、ベース、ドラム、DTMを習うことができます(校舎によって違いがあります)。

 

歌が上手い人は、楽器も同時に習っていることが多いです。楽器を習うことで音感が磨かれるからかもしれません。

 

もし、あなたが楽器も習いたいと思った時、歌しか習えない教室にいると、もう1つ別の学校に行く必要が生じます。

 

それ自体が面倒な上、忙しい中で歌と楽器のレッスンのスケジュールを合わせることができますか?でもシアーなら、歌のレッスンの後でピアノのレッスン、ということができるわけですし、場合によっては同じ先生に教わることもできます。

 

あと、話し方が習えるというのもメリットです。

 

話し方教室ほど本格的なことはできませんが、話し方なんて、大きな声が出せれば何とかなります。

 

就職活動の面接対策として利用したり、ビジネスマンの方がプレゼン対策で話し方を習うこともできます。私は実際に使うプレゼン資料で先生に訓練してもらった経験がありますよ。

 

空きブースをレンタルできる

 

月4回以上受講しているか、レンタル権を買っている人だけになりますが、空いているブースを利用することができます。

 

私はよく、レッスン前の時間に予約を取って利用していました。この使い方が一番、効率的だと思います。

 

***

 

あと、カゲテレックスという番組で放送されていた学校紹介がありましたので、こちらも参考になるかと思います。

 

 

悩んでいても答えは出ませんので、興味を持ったら気軽に体験レッスンに行ってみてください!

 

>>無料体験レッスンはこちらから申し込めます